まずは確認をする

一軒家

知立で注文住宅の依頼をするなら、工務店やハウスメーカーなどが浮かびますが、家づくりの過程・工程ごとに、バラバラの依頼をしてしまわないようにしましょう。というのも、進行管理が大変になるからです。また、後で揉めることにもなり兼ねないので、一貫性で依頼しましょう。住宅会社が約束したサービス、値引きなども注文住宅づくりには良くある話しです。施主側にとっては嬉しいことかもしれませんが、元々の値段というのがない不明瞭さの残るのも注文式の不可解さです。建材や建具など、何事もオーダーメイドになるのなら、押印をと言われても、持ち帰って検討したいので時間をください、という心構えでいましょう。

収穫がある情報

家族

知立の注文住宅づくり、複数のモデルハウスや完成した建物を見学することで、その会社の特徴や強みも伺い知ることができます。また、見るだけでなく、触れる・体験することも必要です。また、意外に室内が広いと思うだけでなく、なぜ広いのか、質問を投げかけることもしましょう。情報収集をしたと言う施主もいますが、質問をして答え合わせをすることで大きな収穫になります。ルールやマナーがあるなら、とりあえず見るのではなく、情報でも資料でも、何かしら得になる物を持ち帰ることが大事です。

住宅模型